ブログ

作業日誌/雑記①

先日の作業日誌で記録したのと同じようなダクトで、

一般/共板(両側)/ボタンパンチ、材料は亜鉛鉄板。

四隅シールではなく、全シール使用の場合。

20210305_103050

20210305_105150

*上記画像→四隅シール(シールを塗る場所と長さを強調する為にダクトを黒く)

20210305_105608

*上記画像→全シール(シングル面の板のハゼ部分にすべてシールを塗り込んでいること。それ以外は四隅シールと同様)


以下、全シールはサンプル少なめ

【S】1000 × 【W】1000 × 【L】800 → 12本/1人

FKダクトシーラー2本使用 (シーラー1本あたり/ダクト6本分)

シール完了までにかかった時間→約19分26秒 (ダクト1本あたり/約97秒=1分37秒)

※シール塗り忘れ確認作業を含む


「一般/共板(両側)/BP/四隅シール」*シールを塗り込む場所が、片側4+4で計8か所

サンプル件数/93本(直管のみ)/1人でやった場合

シール完了までにかかった時間Total→約2時間13分 (ダクト1本あたり/約86秒=1分26秒)

*シールを塗る前にコーナーピースのかしめ、ダクトの捻じれ確認済み。あとはシールを塗り込むだけ!の状況

*連続で93本分シールを塗ったわけではない。12本/12本/25本/12本/32本と五回区切り。

*特別早く塗ったつもりも遅く塗ったつもりもなく、一人で黙々と喋らず測定。

*一か所ずつハゼ部分とコーナー部分をセットで塗り込む。

*シール塗り忘れ確認作業は一本毎に。

*サンプルの材料は亜鉛鉄板。材料によって作業時間は影響されにくい。はず。

*S×Wのサイズによる作業時間の影響はまだ不明。

*L寸は短い方が塗りやすい傾向あり。

共板フランジ


FKダクトシーラー

20210811_144202

FKダクトシーラー1本あたりでシールを塗れるダクトの本数は平均8本あたり。

*シールを塗り込む場所が、片側4+4で計8か所、シングル面が100~150/ダブル面が50~80の場合

*ミツイハゼの場合はもっと塗れるはず。(ダブル面を塗る必要がない為)

*しっかりと絞り込んで最後まで使用しきる。まめに絞らないと、穴が空く可能性あり。

*夏場と冬場では温度と湿度の関係で使用感、使用量が変わる可能性あり。

 

 

 

ページ上部へ戻る